ひろい草原と樹木

アニメ コミックス 旅行 趣味

【ゆるキャン】聖地・静岡県まとめ/ネタバレ注意⁉︎スポット

投稿日:2019年3月2日 更新日:

先日、アニメ2期が決定されたゆるキャン。丁寧な描写と女の子たちがキャンプをしている姿に時間を忘れるほど癒された人も多いと思います。


そんな癒しを求めてか、キャンプに挑戦する人が増えたり、聖地巡礼をする人も数多くいるそうです。

今回の記事はそんな聖地のうち静岡県の聖地について見ていきたいと思います。

ゆるキャンの中心の舞台は山梨県なのですが、静岡県も何度か訪れていて、しかも、静岡県はなでしこの実家がある場所なのです!

さらにアニメ化してはいませんが、単行本の5巻のほとんどが静岡の話になっています(アニメしか見ていない人は今回の記事で詳しい内容には触れていませんが、少しだけネタバレがあるのでご注意を)

そう聞くとちょっと興味を持ったかも? アニメ2期への予習をしておこう! という方はぜひ一緒に見ていきましょう。

ゆるキャン聖地・静岡県/キャンプ場 アニメ最終回のアレも!

キャンプ場から見える富士山


ゆるキャンといえば、キャンプ場の聖地です。前半の2つはキャンプ場以外の宿泊ができる所なので、いきなりキャンプはハードル高そう……という人も行きやすい場所かと思います。

また、後半2つは単行本5巻でリンちゃんがキャンプするところになっています。
(書いてある詳細は変更される可能性がありますので実際に訪れる際は公式サイト等でチェックすることをオススメします)

ふもとっぱら


原作では1巻の3話と4話、アニメでは2話の舞台。ソロキャンとしていたリンの元になでしこが訪れ、一緒に鍋を食べたり、夜の風景を見たりしました。

キャンプ場以外にもコテージ泊や宿舎があり、食事処もあるのでキャンプ以外の宿泊もできるようになっています。施設内からリンとなでしこのように富士山を眺められる他、野外キッチンの傍にある水場では「逆さ富士」の撮影ができるポイントがあるようです。

施設情報

営業日 ネットにてキャンプの予約を確認 予約が満員の場合、当日受付はなし
営業時間
  • 日帰り入場・デイキャンプ チェックイン午前8時半 チェックアウト午後5時
  • キャンプ チェックイン午前8時から午後5時 チェックアウト午後2時
  • 宿泊施設 チェックイン午後3時から午後5時 チェックアウト午前11時
利用料金
(キャンプの情報のみ)
【日帰り入場・デイキャンプ】

  • 大人 日帰り500円 2時間以内300円
  • 小学生以下無料(団体利用を除く)
  • 車日帰り 1,000円/1台 2時間以内500円/1台
  • バイク(原付含む) 500円

————————
【キャンプ(1泊辺り)】

  • ソロキャンプ 2,000円(テント1張、車両1台を含む) タープ貸出+500円
  • 2~5名キャンプ 3,500円(テント1張、車両1台を含む)
  • 6人目以降(小学生以下を除く)+1,000円/1人
  • 中大型車(キャンピングカーを含む)、タープ貸出、2ルームテント貸出、キャンピングトレーラー +1,000円
宿泊施設
(4歳未満無料)
【翠山荘】1泊

  • 1~5名 20,000円/1棟
  • 6人目から 3,500円/1人

————————
【コテージ柏】1泊

  • 1~5名 25,000円/ 1棟

————————
【毛無山荘】1泊

  • 1~5名 20,000円/1部屋
  • 6人目から 3,500円/1人

————————
【麓の森の大きなお家 まほろば】1泊

  • 20名から 2,500円/1人
問い合わせ
  • TEL: 0544-52-2112
  • FAX: 0544-52-2113
ホームページ https://fumotoppara.net/

富士山YMCA グローバル・エコ・ビレッジ

原作では第4巻の20話~23話、アニメでは11話と12話の舞台。なでしこたち野クル3人にリンと斎藤さん、鳥羽先生加えたメンバーでクリスマスキャンプを決行した場所です。

6人が入れ替わりで入浴した大浴場があり、もちろんキャンプ泊の方も利用することができるようになっています。

また、なでしこが犬のちくわを追いかけたり、子どもたちとフリスビーで遊んでいたように、広大な敷地がある場所で自然を感じることができるようです。
施設情報

営業日 電話にて開館状況・空き状況を確認のうえ予約
営業時間
  • チェックイン午前9時から午前12時
  • チェックアウト午前12時から午後5時
  • ※チェックイン時刻よりも早い入場、または、チェックアウト時刻よりも遅い退場の場合は、別途日帰り入場料(630円)
利用料金
(キャンプの情報のみ)
  • 一人 1,870円(持ち込みテント泊)
  • 日帰り 630円
  • 入浴・シャワー入浴430円/1日・シャワー210円/1日
  • 利用可能時間:入浴 午後4時~午後11時、シャワー 24時間
  • ※冬季(12月~2月)の間、シャワーは利用不可。
  • 薪:1束450円(使用時もしくはチェックアウト時に申告)
問い合わせ
  • TEL:0544-54-1151
  • FAX:0544-54-1158
ホームページ https://www.yokohamaymca.org/facility/fujisan-global/

竜洋海洋公園オートキャンプ

こちらはアニメ化されていませんが、5巻の25話と26話に登場するキャンプ場です。リンちゃんはここで年越しをすることになります。


施設情報(キャンプ情報のみ)

営業日 予約により確認 要予約
営業時間 【テントサイト】

  • チェックイン 午後1時から午後5時
  • チェックアウト 午前8時から午前11時

【日帰り】

  • チェックイン 午前11時15分から
  • チェックアウト 午後4時45分までに
利用料金

※サイト利用料金と入場料と清掃協力費及びレンタル料を合わせる
【入場料】

  • 高校生以上 360円
  • 小中学生 250円
  • 小学生未満 無料

【サイト利用料(サイトの種類ごとに異なる)】

  • 持ち込みテントフリーサイト3,080円 ​日帰り1,080円
  • AC電源付区画サイト 5,140円 日帰り1,620円
  • AC電源付キャンピングカーサイト 6,480円 日帰り1,620円
  • 清掃協力費 100円

(例:高校生 360円+持ち込みテントフリーサイト3,080円+清掃協力費 100円=3540円)

問い合わせ(受付時間 午前9時から午後5時)
  • TEL:0538-59-3180
  • FAX:0538-59-3181
ホームページ http://www.ryu-yo.co.jp/AUTO/

渚園キャンプ場

こちらもアニメ化されていませんが、5巻の27話に登場するキャンプ場です。こちらはリンちゃんが年越し後にキャンプすることになる場所です。
施設情報

営業日 利用する場合は事前に予約が必要 3か月前の当日から予約受付開始
営業時間 午前10時から翌日午前10時
利用料金
  • オートキャンプ場 1泊 1サイト(10m×10m) 3,600円
  • フリーサイト 1泊 大人 410円 小中学生 200円

※幼児(小学生未満)は無料

問い合わせ
  • TEL:053-592-1525
  • FAX:053-592-7544
ホームページ http://nagisaen.birukan.jp/camp_annai.php

ゆるキャン聖地・静岡県/食事処…野クルはアイスお好き?

ソフトクリーム
こちらでは、なでしこたちが食した食べ物がある聖地を紹介します。

前半紹介する両方ともゆるキャン内ではアイスを食べています。

ゆるキャンは冬のキャンプの話ですが、これから温かくなってからのアイスもまた美味に違いないので、他のグルメと共に堪能できるようチェックしておきましょう!

また、後半の3つは単行本5巻で登場するグルメです。

「道の駅」朝霧高原


原作は1巻の5話の1コマ、アニメでは3話でワンシーンですが、なでしこがふもっとっぱらのキャンプの帰りに姉の桜と共に立ち寄り、富士山を見ながらアイスを食べた道の駅です。

アイス工房では朝霧高原の食材をふんだんに使った自家製のアイスクリームをなでしこと同じように富士山を見ながら堪能できます。その他にも特産品を活かしたレストランやおみやげコーナーがあるので、地元の味を楽しめる場所です。

施設情報

営業時間
  • 売店・アイス工房 午前8時~午後5時
  • 食堂(レストラン) 午前8時~午後5時(ラストオーダー4時半)

※都合によりオーダーストップの時間が変わる場合あり
※天候により時間の変更あり

問い合わせ TEL:0544-52-2230
ホームページ http://asagiri-kogen.com/73417/

まかいの牧場

原作では4巻の2話、アニメでは11話で、一足早くキャンプ場に到着したあおいとちあきが立ち寄った「じゅかいの牧場」のモデル地になった場所です。


2人が堪能したアイスの他にも牧場で取れた牛乳を使用したチーズやケーキを楽しめるレストランやお土産屋さんがあります。

また、2人は食べるだけでしたが、馬やヤギなどの動物を見たり触れ合ったりする場所もあるので、動物好きの人は要チェックです。

施設情報

定休日 動物の出産や施設メンテナンスの為、12月1日~3月20日の毎週水曜日(不定休有)
営業時間 午前9時半~午後5時半(11月21日~3月20日は午前9時半~午後4時半)
利用料金 割引価格
※2019年3月19日までは「ふれあい広場」改修工事のため

  • 大人 500円
  • 小人 300円

___________________________
通常価格

  • 大人(中学生以上) 3月20日~11月30日 1,000円 12月1日~3月19日 700円
  • 小人(3歳以上) 3月20日~11月30日 600円 12月1日~3月19日 400円
問い合わせ
  • TEL:0544-54-0342(午前9時から午後6時)
  • FAX:0544-29-1027(24時間受付)
  • E-mail:info@makaino.com
ホームページ https://www.makaino.com/

丸山製茶直売店 茶菓きみくら

5巻の25話でリンが母親からのお使いで立ち寄るお店です。

施設情報

定休日 火曜日
営業時間 10時30分〜18時
ホームページ https://sakakimikura.jp/

しず花

5巻の27話でリンがなでしこの実家へのお土産を買いに行った「しず香」のモデル地になったところです。漫画と同じくいちご大福が有名です。

施設情報

定休日 月・火曜日
営業時間 午前9時から
問い合わせ TEL: 053-487-6256

藤田屋

5巻の27話でなでしこが購入し電車で食べていた大判焼きを売っていたお店です。
施設情報

営業日 季節限定営業 9月中旬~6月中旬
定休日 不定休
営業時間 午前11時15分~午後8時15分
問い合わせ TEL:053-522-0268

さくめ

5巻の28話でリンとなでしこが鰻重の特上を食べたお店です。

施設情報

営業日 定休日は月曜日または火曜日 不規則なので要問合せ
営業時間 午前11時~午後2時 午後4時半~午後7時
問い合わせ TEL:053-526-1758

ゆるキャン聖地・静岡編/アニメ2期を先取り?原作5巻の舞台

銀河
最後にアニメ化はしていませんが、単行本内でモデルになった聖地を紹介します。漫画の内容は詳しくは書いていませんが、場所がネタバレになるのが嫌な方は飛ばしてください。

御前埼灯台

5巻の25話でリンが訪れる灯台です。
施設情報

参観時間 午前9時から午後4時
ホームページ https://www.city.omaezaki.shizuoka.jp/kanko/watch_goaround/todai.html

福田海岸

5巻の26話でリンが訪れる海岸。

見付天神 矢奈比賣神社

5巻の25話でリンが訪れる神社。

施設情報

営業時間
  • 社務受付時間: 午前8時半~午後4時半
  • 祈祷受付時間: 午前9時~午後4時
問い合わせ
  • TEL: 0538-32-5298
  • FAX: 0538-36-8117
  • ホームページ https://mitsuke-tenjin.com/

    弁天島海浜公園

    5巻の27話でリンが訪れる公園です。
    施設情報

    問い合わせ TEL:053-592-0757
    ホームページ https://hamamatsu-daisuki.net/search/area/are-west/post-41.html

    奥浜名湖展望公園展望台

    5巻に28話でリンとなでしことある1人が訪れる展望台です。

    まとめ

    今回のゆるキャンの静岡県での聖地は3つの項目で見ていきました。

    1. 富士山の見える2つのキャンプ場とリンが年末年始に過ごしたキャンプ場
    2. いろんなアイスと静岡グルメ
    3. 単行本派は要チェックの観光スポット

    静岡県にもたくさんの聖地があることがわかりました。

    アニメ2期が始まれば、また静岡県内でも様々なキャンペーンが始まるかもしれません。(山梨県では聖地巡礼マップが作成されました)

    静岡県を訪れる機会がある方はぜひ今回の聖地をチェックしてみてください!

    -アニメ, コミックス, 旅行, 趣味
    -, ,

    Copyright© こねたのもり , 2019 All Rights Reserved.