コーナーキック直前のサッカーボール

サッカー スポーツ

バスケスバイロン選手とは?国籍で気になる今後【青森山田MF】

投稿日:2018年10月9日 更新日:

東京五輪を目前にひかえ、2000年生まれのサッカー選手たちは「五輪世代」と呼ばれ、注目されています。

レベルの高い選手がたくさんいるなかで、高校時代の結果や卒業後の進路も、五輪に向けていろいろ考えをめぐらせなければいけない大変な世代です。

その東京五輪世代選手の中の一人、青森山田高校のバスケス・バイロン選手日本育ちですが国籍はチリということで、高校卒業後の進路について注目されています。

そこで、彼の場合進路はどのような選択になるのか、また、バスケス・バイロン選手はどんな選手なのかをお話していきます。

<<追記>>青森山田高校は選手権で優勝しました!最新のバスケスバイロン選手についての記事ははこちら↓

国籍によって進路はどうなる?

国旗が壁にたくさん飾られた教室
バスケス・バイロン選手は埼玉県東松山市で育ちましたが、チリ国籍です。

気になるのは今後の進路にプロサッカー選手への道を選んだ場合、どのような影響があるのかということ。

そこで現状、彼がおかれた状況でどんな進路が考えられるのか、また、本人がどいういう方向で考えているのか探って行きましょう。

Jリーグの現状ではどうなる?

現在、チリ国籍の彼がJリーグ入りすると外国人という扱いになるようです。

その場合、試合出場に人数制限のある外国人枠をめぐって、ほかの選手と争うことに...。

どんな選手たちと争うことになるかというと…今年度Jリーグ入りで大きな話題をさらった、ヴィッセル神戸のイニエスタ、サガン鳥栖に加入したフェルナンド・トーレスとか…。

あげた例が極端ですが、考えただけで腰が引けてしまいそうな外国人選手たちと競い合わなければいけない、ということです。

もちろんイニエスタやトーレスのようなスターのいるチームはそうそうありませんが、Jリーグでは外国人枠を増やす方針で話を進めているようです。

現在、1クラブに外国人枠は5つ。

そのうち、出場人数は1試合につき3人までとなっていますが、それを出場人数5人まで増やしたいという考えのよう。

Jリーグとしては観客の動員数がみこめる海外有名選手にたいしてウェルカムな状態ですから、海外有名選手が多数Jリーグに流れてくる可能性もありますよね。

そのなかで海外サッカーの経験がないバスケス・バイロン選手が枠に入ることは現状かなり難しい事かと思います。

日本に帰化する方法

2年前、桐光学園の主将をつとめた大型SBタビナス・ジェファーソン選手もおなじように、母親のフィリピン国籍のまま日本で育った経歴の持ち主です。

バスケス・バイロン選手との違いは、フィリピン国籍のタビナス選手の場合、アジア枠に入ることができるという点でしょうか。

アジア枠とは、外国人出場枠3人とは別にアジアサッカー連盟加盟国の国籍をもつ選手について1名追加で出場できる枠なので、出場機会をつかむにはタビナス選手の方が有利かも知れません。

タビナス選手は高校卒業後、J1の川崎フロンターレに加入しました。
日本国籍取得が可能な20歳になったら、帰化申請をして東京五輪を目指す方向なのだそう。

日本に帰化して代表メンバーを目指す道もありますので、バスケス・バイロン選手にはぜひ!日の丸を背負ってもらいたいものです。

本人の意思は

周囲が彼の進路を心配している中、本人の意思はどうなのでしょうか?

バスケス・バイロン選手が青森山田高校への入学を決めたのは、プロになって海外で活躍するサッカー選手になるためです。

冷静に現状を見て、じぶん自身の成長や将来を考えたうえで、卒業後は大学進学は考えずに海外選手と渡り合える肉体と技術を手に入れる方向で考えているのだそう。

自分自身のレベルアップをはかって、必ず海外で活躍するチャンスを掴む。ということは、スペイン語を話せる彼は、すでに数年後の海外進出に目を向けているのかも知れません。

バスケス・バイロン選手って、どんなプレイヤー?

サッカー・競合い
あらためて、バスケス・バイロン選手について、どんなプレイヤーなのか触れていきましょう。

2000年生まれの18歳、身長175㎝で68㎏とバランスのとれた体格ですね。

国籍はチリですが、埼玉県東松山市育ち。しかしすでにスペイン語は堪能なのだとか。
東京五輪世代として注目の選手です。

攻守をコントロールする攻撃的MF

バスケス・バイロン選手のポジションはMFで、背番号は11番。

青森山田の11番といえば、2冠世代(U18プレミアリーグと選手権)得点王の鳴海彰人選手や柏レイソルU18から3年時に青森山田へ入学して世間を驚かせた中村駿太選手など、生粋のストライカーが背負ってきた番号です。

そして今季11番を背負ったのがバスケス・バイロン選手。彼が攻撃を期待されている選手だということがわかりますね。

ゴール数こそ同じ青森山田の檀崎選手に及びませんが、彼が出すスルーパスは決定機を演出して数々のアシストを決めています。

中学時代

バスケス・バイロン選手は埼玉県東松山市の地元チーム東松山ペレーニアでサッカーをしていました。

ポジションはFWでエースナンバーの10番とチームのキャプテンを任されていた、まさにチームの核の役割を担う選手だったんですね。

しかし彼は中学卒業と同時に青森山田高校の門を叩きます。
全国のピッチに立って全国制覇をする!
絶対にプロになって世界で活躍するサッカー選手になる!

という夢を叶えるために。

彼は中学時代ツイッターを開設していましたが、この日を境に一切の投稿はありません。

青森山田サッカー部はSNS禁止です。中学卒業後決意表明のツイートが最後となっていて、彼の覚悟を感じます。

バスケス・バイロン選手が青森山田の11番になるまで

サッカー競技場

期待のルーキーとして入学

バスケス・バイロン選手が入学して1年時に青森山田はU18プレミアリーグと選手権の二冠を達成します。

トップチームのほとんどが3年生で、2年生のレギュラーは2人だけ。

このチームを編成した当初、バスケス・バイロン選手は1年生ながら期待のMFとしてサイドハーフに起用されていました。
しかし守備面での課題が多く、ポジションの確保はかなわなかったのです。

その中で一人だけ、1年生ながらプレミアリーグでも選手権でも先輩たちと同じピッチでプレーした同級生MFが、現在10番をつけている檀崎選手です。

熾烈なポジション争いを強いられた2年時

3年生が引退して新チームを編成するにあたり、青森山田はメンバーの模索を続けます。

チームのエースナンバー10番をつけるのは前年度7番をつけていた郷家選手。

青森山田の7番をつける選手は来シーズン10番をつける可能性が高く、新チームでその7番を受け継いだのは檀崎選手でした。

実はバスケス・バイロン選手の世代は2冠世代と似ていると言われていて、バスケス・バイロン選手の他に檀崎選手、そして2冠メンバーの兄を持つ三國選手などタレントが豊富です。

その中でレギュラーを確保するだけでも大変なことですが、彼は2年生ながら14番をつけてベンチに名を連ねます。

しかし2年時も郷家選手、中村選手、檀崎選手というレベルの高いMF陣に彼がレギュラーとして入り込むことはできませんでした。

最後の選手権に向けて

そして今季、彼はゴールを期待される11番を背負います。

現在プレミアリーグEASTにおいて青森山田の選手は檀崎選手が得点王、得点ランキングトップ10の中に佐々木選手、三國選手と並んでバスケス・バイロン選手がランクインしています!

2回戦で敗退したインターハイで努力不足を痛感した彼は自主練等も精力的に行い、高校生活の集大成に向かいます。

まずは現在鹿島アントラーズユースを追って奇跡の優勝を狙うプレミアリーグ制覇、そして選手権制覇に向けてきっとギアを上げてくると期待、注目です!

まとめ

  1. チリ国籍のバスケス・バイロン選手。現状のままではJリーグ外国人枠になる
  2. バスケス・バイロン選手は常に上をめざす攻撃型MF。目標意識が高く、厳しい道をあえて進む
  3. 青森山田で全国のピッチに立つまでは競争につぐ競争だった

2018年度末の選手権は、バスケス・バイロン選手にとって高校最後の大舞台となります。

プレミアリーグではチームメイトよりもゴール数をあげていませんが、選手権ではきっと彼の活躍がカギを握るのではないでしょうか。

私は期待を込めて彼らの最後の選手権を応援したいと思います。

持ち前の圧倒的破壊力と、守備への切り替えもスキルアップし攻撃への起点となる彼の活躍にご注目ください。

そして、卒業後世界へ羽ばたく姿を見たいですね!

追記(2018.11.18)

青森山田高校サッカー部が県大会で22連覇を達成されました!!
ほんとうにおめでとうございます ( ・ㅂ・)و ̑̑

スーパーシードの準決勝ではバスケス・バイロン選手もゴールを決めました!!

次は全国…のまえにプレミアで鹿島ユースと大一番。
バスケス・バイロン選手のますますの活躍に期待が高まります!!

追記(2018.12.6)

本日のニュースによると、バスケス・バイロン選手がいわきFCに入団することが決定しました!!
いわきFC Official Site

そのまま海外に行ってしまう可能性も考えられていましたが、日本でプレイが見られる!!

とてもうれしいニュースです。

バスケス・バイロン選手、ほんとうにおめでとうございます!!

まもなく開かれる全国大会でも活躍して、大きく羽ばたいてほしいです♬

 

追記(2019.1)

青森山田高校は全国で優勝いたしました!おめでとうございます!!

そのなかでとくにドリブル突破で会場を沸かせたのが、バスケス・バイロン選手!!

これからの夢・展望などをまとめていますので、よろしければこちらの記事をご覧ください。

\バスケス・バイロン選手の活躍や写真も!!/
青森山田高校サッカー部公式サイトはこちら!

関連記事

チームメイトで伝説の10番!檀崎竜孔選手についての記事もどうぞ!

チームメイトの超長身CB、三國ケネディエブス選手についての記事はこちら!

 

-サッカー, スポーツ
-,

Copyright© こねたのもり , 2019 All Rights Reserved.