美容

二重を自力で作る期間はどれくらい必要?絶対重要なのはコレ

投稿日:2019年6月13日 更新日:

憧れの二重。

二重まぶたにするため、何かしらの方法で頑張っている・もしくは始めてみよう!と思っているとき…

イチバン気がかりなのは

目を開かせる猫
耳長ネコ次郎
二重になるにはどれくらい期間がかかるの?

ということではないでしょうか?

実際に、アイプチなどはお金がかかりますし、マッサージにしても期間が長いと続けられる自信もなくなってしまいます。

今回はそんな疑問に対する二重が成功した人たちの答えをまとめていきます。

二重を作る前のチェックとトレーニング

まず最初に確かめなければならないことは、自分が二重になれる人かどうか確かめること。

その基準となるのは、現状で指やまぶたを見開いたりした時に、二重が作ることができるかどうか。

二重を作ることは、現状で二重が作れる状況を定着させることから始まります。

つまり、最初から作れない場合は定着をさせることができないわけですね。

まぶたの皮膚が最初から厚かったりするとどんな策を使ってもできないことがあります。

特に男性で二重を作ろうとする場合は、男性は女性よりも皮膚が厚いので、この状態で引っかかる可能性も…。

ただし、二重のマッサージの前にまぶたの筋肉を落とすことで、今は二重が手などで作れなくてもできるようになる可能性はあるのです。

現状で二重ができない人は、いきなり二重を作るアイプチやマッサージを参考にするよりは、まずはまぶたの脂肪を落とすトレーニングを優先した方が良いでしょう。

まぶたの脂肪落とすトレーニング

  1. 目の周りを温めて血行を良くするために温めたタオルやホットアイマスクなどを使います。目全体の疲れも取れるので、トレーニングをしやすい状態にできます。
  2. 眉が動かないようにするため、指で眉を抑えます。その状態で目を大きく開けながらまばたきを30回行います。
  3. 目をギュッと閉じて5秒、目を大きく開けて5秒、それぞれ5回ずつ行います。

上記のトレーニングを1日1回以上繰り返しやることで、まぶたの脂肪を落とすことができます。

①に関してはお風呂で顔を洗って温めた後でも構いません。

脂肪を燃焼させるには血行が良い状態である方が良いため、このような方法を取ることになります。

直接二重を作ることにはなりませんが、脂肪が減ることで二重を作りやすい状態にすることができます。

二重を定着させる工程に入っている人もこのトレーニングをやることで、より定着させやすくできることが期待できます。

二重を作れる期間と組み合わせ

二重を作るマッサージやトレーニング

マッサージやトレーニングは道具を使うのに比べて効果が薄く、長い時間かかると言われています。

その理由としては、道具よりも効果の実感がなく、続けづらいという点があります。

費用がかからないのは確かに嬉しい事ですが、何も消費していないと「こうなったら意地でも続ける!!」という気持ちが萎えることも…。

また、マッサージやトレーニングのみでやるという人はあまり多くなく、あくまで道具の補助的なものとして、マッサージやトレーニングをしている人が多いようです。

アイプチなどの道具を使う

二重にする上で最も頼りになるのは、定着させるための道具です。

通常のアイプチや夜寝る時に付ける用のアイプチもあれば、テープ型や美容液によって二重にできるものもあります。

そして、どの道具で見ても自力で二重にできた期間は一か月から1年の間が多いです。

さすがに数週間で二重にできたという例は少ないですが、1年以上かかったという意見はあまり見られません。

逆に考えれば、1年間は効果が出るかどうかを見なければならないということになります。

数ヶ月以上の振れ幅があるのは、上記のマッサージやトレーニングとの併用で早くできたという人も多いものです。

ただし、道具に関してはアイプチと美容液を合わせて使ったという意見は見られませんでした。

あまりいろんなものを使い過ぎると肌荒れや目の疲れに繋がるのでオススメできませんし、成功している人から見ても必要なのは1つ自分に合った道具と適度なマッサージ等なので、二重を作るためにはその組み合わせを探していくことになります。

まとめ

今回の記事についてまとめると、

  1. 二重を作る道具の効果は一か月から1年の間で表れる
  2. マッサージやトレーニングのみでは二重の効果は期待しづらい
  3. 2つを併用することで効果を高めることができる

の3つになります。

1年を長いと見るかどうかその人次第ですが、数ヶ月で諦めていると、それは効果が出る前に終わってしまっているのかもしれません。

二重を定着させる最中の人もこれから始める人もまずは1年を目標にやっていきましょう。

-美容
-,

Copyright© こねたのもり , 2019 All Rights Reserved.