Nuigurumi

趣味

ぬい撮り/小物特集!写真がより可愛くなる小ワザ【初心者必見】

投稿日:

皆さん、ぬい撮りライフ楽しんでいるでしょうか?

初めは可愛いぬいぐるみがいるだけで十分なのですが、たくさん写真を撮っていくにつれて欲しくなってくるのがぬい撮り用の小物。

ぬいぐるみ達がいきいきとしますし、いつもの写真がぐっと可愛くなります。

そこで出てくるのが「小物ってどうやって手に入れるの?」「予算はどれくらい?」という疑問。

そこで、ぬい撮り初心者である私が、玄人でなくても楽しめるぬい撮りグッズをご紹介します!

ぬいぐるみ用小物を使って

Nuidori-1

ぬい撮り初心者さんでもすぐに楽しめるのが、「ぬいぐるみ用」として売られている小物たち。

小さな洋服や家具を眺めているだけでも幸せになれます。

アイデアが無くても可愛い写真を撮ることができるので、ぜひチェックしてみてください。

洋服

ぬいぐるみ用小物と言ったら、やはりお洋服。
お出掛けする際の汚れ防止になりますし、うちの子印にもなります。

ぬいぐるみの種類によっては専用サイズのお洋服が販売されていることもありますが、それが無い種類のぬいぐるみの場合、大体同じくらいの大きさの子のお洋服を試しに着せてみると良いです。

テディベアは可愛らしいお洋服が多く展開されているので、覗いてみてはいかがでしょうか。

また、手作りもおすすめです。

型紙を取れば好きなデザインで作ることができますし、小さなマフラーならすぐに編むことができます。

ぬいぐるみに世界に一つだけのお洋服を着せると、さらに愛着がわきます。
Nuidori-2

お裁縫をする時間や技術が無い!という方は、ぬいぐるみお洋服専用のお針子職人さんもいるので、そちらにお願いしてみてはいかがでしょうか。

うちの子は基本的に裸族派ですが、やはりお洋服を着せると愛着がわくものです!

ミニチュア

ぬいぐるみを可愛がっているうちに欲しくなってくるのが、ミニチュアです。

ミニチュアがあればぬいぐるみだけの世界を作ることができますし、ぬい撮りの幅も広がります。

ちなみに20㎝以上のぬいぐるみになると、専用の小物は少なくなってきます。

専用のソファーやテーブルも売られていますが、販売数はあまりありません。

マスコットサイズのぬいぐるみなら丁度いい大きさのミニチュアが多く売っているので、小物を使いたい方はそちらをおすすめします。

Nuidori-3

Nuidori-4

 

Nuidori-5

Nuidori-5

パン屋さんはシルバニアファミリー、パンはミニチュアのものです。
マスコットサイズなら、メルヘンチックな写真を楽しむことができます。

Nuidori-7
お風呂に入ったり

Nuidori-8
ピザを焼いたり

Nuidori-9
小説のパロディをしたり…と、ぬいぐるみがいきいきとします!

プチプラの小物たち

Nuidori-10
ぬい撮り用小物はなかなかお値段が張るので、躊躇なく趣味に投資できるタイプでないとなかなか集まりません。

そこでおすすめなのが、本来ぬいぐるみ用ではない小物をアイデアでぬい撮りグッズにすること!

ぬい撮りをしている人たちの間で、「これがぬい撮りにぴったりだよ!」という情報も交わされているので、お値段が安くても侮れません。

百均パトロール

100円ショップの商品は最近とても充実してきていて、アイデアやひらめき次第で低予算でぬい撮りを楽しむことができます。

例えばこちらのしましま靴下。

実はこれ、100円ショップで販売されている椅子の脚につけるカバーで、ぬい撮り界隈では結構有名だったりします。
Nuidori-11

サイズが合っているかどうかはぬいぐるみにつけてみないと分かりませんが、100円なら気軽に試してみることができます。

ぬいぐるみ専用の靴も100円ショップでゲットすることができるので、足元の汚れ対策は低予算でばっちりです!

また、季節感のある小物、造花、置物などもおすすめです。
Nuidori-12
こちらのテーマは夏。

バケツはガーデニングコーナーに置いてありました。

小さいサイズの小物が置いてあるガーデニングコーナーは要チェックです!下に敷いてある手ぬぐいは、お茶のおまけです。
Nuidori-13
こちらはクリスマス。

イベント系はたくさんグッズが出るので、選ぶのも楽しいです。

100円ショップでは季節ものを多く扱っており、お店を覗くたびに新しいものが出ているので、たまにチェックしてみてください♪

ガチャガチャ

子供が回すイメージのあるガチャガチャですが、こちらも最近は大人向けの景品が増えてきており、数百円で高クオリティのミニチュアが手に入るのでおすすめです。
Nuidori-14
こちらは、ガチャガチャでゲットしたがま口。

この大きさのがま口は様々なキャラクターで販売されているのでぬいぐるみのキャラクターに合わせて持たせてあげると可愛いですし、紐やチェーンの長さを調節してぬいぐるみにぴったりの長さにすることができます。

Nuidori-15

Nuidori-16

こちらは、猫ちゃん専用の被り物。

試しに被せてみたらタヌキにぴったりでした♪最近はこの猫の被り物をぬいぐるみに被せるのが流行っており、モチーフや種類も豊富で、ぬいぐるみ専用の被り物も出てきました。

その他、小さいリュック、カメラ、水筒など、ぬいぐるみに持たせられる可愛いグッズがたくさん出ています。
Nuidori-17
ガチャガチャ景品開発の方が、ぬい撮りブームに応じてくれているのかもしれません!

定期的にガチャガチャコーナーを覗いてみてはいかがでしょうか。

工夫次第で何でもOK!

Nuidori-18
ぬい撮りのために小物を…と思うと、専用のものを集めなきゃ、と固く考えがちですが、身の回りにあるものでも工夫次第でぬい撮りに使うことができます。

ゆる~くぬい撮りを楽しみましょう♪

装飾品をぬいぐるみとシェア

Nuidori-18

Nuidori-19

メガネやブレスレットなど、私たちが普段身に着けている装飾品でもぬいぐるみの衣装になります。

特にボリュームがあるシュシュなどは、お洋服を着せなくてもぬいぐるみがぱっと華やかになるのでおすすめです。
Nuidori-20
こちらはお揃いの首飾り。

プレートの穴に、使わないピアスをつけています。元々ある穴なので、ぬいぐるみを傷つけることなくおしゃれできます。

じゃらじゃらしていないので、邪魔にならないのがポイントです!

スイーツ

Nuidori-21
可愛らしい見た目のスイーツは、ぬいぐるみとの相性がばっちりです。

普通のお食事と違ってサイズも小さいので、美味しそうにスイーツを食べている写真を撮ることができます。

Nuidori-22

Nuidori-23

こちらはおもちを食べている写真。

小さなお皿はガチャガチャで手に入れたもので、フォークは手作りお菓子などに刺すピックです。

お店によってはぬいぐるみを出すことを良く思わないところもあるので、外食先で写真を撮る際は周囲に配慮して撮影しましょう。

ぬいぐるみに性格を持たせてみましょう

Nuidori-25
最後に…これは小物の紹介ではなくアドバイスになるのですが、ぬいぐるみに性格を持たせると、よりいきいきとした素敵な写真を撮ることができます。

ぬいぐるみで遊ぶ文化が無い方にとっては少し恥ずかしいかもしれませんが、難しく考えることはありません。

新しいぬいぐるみをお家にお迎えしたらニュアンスでお名前をつけて、お顔や色、モチーフとなっている動物、触り心地などで大体の性格を持たせます。

一緒にいる時間や共有してきた思い出が増えていくと性格もはっきりしてきて、もう家族の一員です。

例えば、綺麗好き、食いしん坊、のんびりやさん…など。こういった性格があるだけで、スイーツを眺めるか、がっつくか。お洋服を綺麗に着るか、ワイルドに着崩すか。など、小物の存在もたってきます。

さらに、ぬいぐるみ同士の関係性ができてくるとよりストーリー性のある写真ができます。

兄弟、恋人、ちょっと仲が悪い…なんていう設定も可愛いです。

他の方のぬい撮りを拝見していると、そういう関係性が面白くてくすっとしてしまいます。

ぜひ、今いるぬいぐるみたちと向き合って、ぴったりの性格を持たせてあげてください。

まとめ

  1. お洋服や家具など、ぬいぐるみ専用の小物をチェックしてみましょう
  2. 100円ショップやガチャガチャを活用して、上手に小物を集めましょう
  3. グッズを用意しなくても、何気ない小物でもぬい撮りを楽しむことができます
  4. ぬいぐるみに性格を持たせると、より小物が引き立ちます

ぬい撮りに使う小物についてお話しました。

私はぬい撮りを始めてまだ日が浅いのですが、ぬい撮りで繋がっている先輩の方々は更に高等なテクニックで素敵なお写真を撮っています。

ぬいぐるみへの愛を忘れずに写真を楽しんでいればおのずと素敵な写真が撮れる…と、私は考えています。

今回ご紹介したものはどれも簡単なものですが、ぜひぬい撮りを好きになるきっかけになればいいな、と思います。

-趣味
-, ,

Copyright© こねたのもり , 2019 All Rights Reserved.