TRIP

旅行

伊豆/美術館,博物館の拝観も予定に入れてみて!厳選4施設!

投稿日:2018年9月12日 更新日:

静岡の伊豆半島を訪れる機会があれば、行き先は真っ先にどこを思い浮かべますか?

伊豆には豊富な温泉、美しい海岸やレジャー施設もたくさんありますが、せっかくなら他の楽しみ方も探してスケジュールの許す限り伊豆を楽しみたいですね。

実は伊豆には驚くほどたくさんの個性的な美術館や博物館が充実しているんですよ。
旅行に来て突然の雨に遭っても、安心して楽しむことができます。

美術館や博物館は本当にたくさんありますので、中には行ってみて正直期待外れだったり、趣味の域を出ないようなところも存在します。

ですから、訪れた方の満足度が高く最もおすすめしたい美術館・博物館を厳選して4つ挙げました。それぞれのおすすめポイントもご説明します。

偶然ですがいずれも伊豆半島の東海岸に位置する伊東市にあります。

どれも知識を深めながら楽しめて、さらに素敵な雰囲気にうっとりするような場所ですので、是非チェックしてみてください。

落ち着いた雰囲気のロマンティックな空間~伊豆高原ステンドグラス美術館~


公式サイト

美しいステンドグラスとアロマの香り、アンティークのパイプオルガンやオルゴールの音色にあふれたロマンティックで落ち着いた雰囲気の美術館です。

テラスから東伊豆の海を一望できる絶景のロケーションに建つ美しく神秘的な建物の中は、幾つにも分かれたくさんの小部屋があり、幻想的な1800年代のステンドグラスが飾られている迷路のような不思議な空間。

自然と歩調がゆっくりになるような癒しを全身で感じることができます。

落ち着いた雰囲気でカップルや年配の方におすすめ

ステンドグラスとパイプオルガンといえば、そう、教会ですよね。

素敵な教会での結婚式をイメージさせるロマンティックな美術館で二人の気持ちを確かめてみてはいかがでしょう。
また、オルゴールやパイプオルガンの音色や館内の雰囲気はとてもノスタルジック。

年配の方は懐かしい昔を思い出しながら夫婦で、友人同士で、ゆっくりとした時間を過ごせる美術館です。
館内に椅子が用意されているので休みながら時間をかけて館内を歩けますね。

見ごたえのある展示

館内には、実際にイギリスの教会や貴族の貴賓室を飾っていた本物のアンティークステンドグラスがいたるところに展示されています。

貴重な宗教画のステンドグラスは圧巻。温かい光のランプも多数展示されていて見ごたえ充分です。

様々な音楽イベント

毎週末、館内のセント・マリーズ礼拝堂でミニコンサートが行われており、ピアノや弦楽器、管楽器まで様々な楽器の組み合わせで予定が組まれています。

また、館内にあるセント・ミッシェル教会にて、1時間ごとに15分間、1922年製作のアンティークパイプオルガンの生演奏を堪能できます。

館内のセント・マリーズ礼拝堂では、1時間おきに行われる約100年前のアンティークオルゴールの演奏を聴くことができます。

ステンドグラス体験教室

平日限定の予約制になりますが、館内のカフェでステンドグラス作成の体験教室が開催されています。
ストラップなどの簡単なものから、ミラーのような大作まで制作物を選んで挑戦できます。

料金は1,000円からで、10名以下であれば1週間前まで、10名以上であれば1ヶ月前までの予約が必要です。

ショップやカフェ、オーシャンビューのレストランも充実していて一日中いても飽きない美術館です。
キャリーバッグなどを使用すれば、ペットと一緒に楽しむこともできますよ。

不定期ですが様々なイベントを催していますのでイベントカレンダーをチェックして、行ってみたいイベントに合わせて計画を立てるのも良いですね。

料金は大人1,000円、中高生600円、小学生300円、小学生未満無料、60歳以上は750円。
開館時間は10時~18時。水曜日は休館日の日があります。

公式サイト

日本の故宮!東洋の美術工芸品が揃う美術館~象牙と石の彫刻美術館ジュエルピア~

 

公式サイト

東洋の象牙彫刻を中心に世界最大の宝石屏風や翡翠彫刻などの美術工芸品を収蔵し、まさに美術品を堪能できる「日本の故宮」といわれる美術館です。

その展示作品は約270点。そのいずれもが国宝級で必見に値します。

大迫力の巨大象牙彫刻は、その美しい細密な彫刻を見ていると時間を忘れてしまうほど。
ワシントン条約により象牙の輸入が禁じられたため、現在美しい象牙彫刻品を一堂にみられるのはここだけとなっています。

歴史好きの方におすすめ

展示品はどれも東洋の歴史に触れられるものばかり。
大型採石象嵌屏風に描かれた「楊貴妃物語」「西遊記」や三国志の1シーンを描いた象牙彫刻など、聞いただけで堪らない美術品がずらりと並んでいます。

ご年配の方や障がいをお持ちの方に優しい

館内は完全バリアフリーで障がい者の方やお年寄りも安心。2台まで車椅子も用意されています。
また、障がい者割引があり適応手帳を受付で提示するとご本人のみ割引があります。
老人福祉施設や障がい者施設での散策に利用するのもおすすめです。

制作体験ができる

ブレスレット、サンキャッチャー、ジェルキャンドル、スイーツデコの4種類の中から選べます。それぞれ料金が違いますので受付で申し込み時に確認できます。
ご家族やお仲間と一緒に、世界でひとつだけの思い出の品を作ってみてはいかがでしょう。

本格的な美術館ですがお子様でも圧巻の美しさとガイドさんの説明で充分楽しめますよ♪
また、床におろさなければ可愛いペットとも一緒に来館できます。
料金は大人1,200円、中学生以下600円、障がい者割引800円です。
開館時間は9時~17時。休館日はありません。

公式サイト

メルヘンの世界に浸れる可愛いミュージアム~伊豆テディベア・ミュージアム~

 

公式サイト

世界のテディベアを展示しているキュートな美術館。テディベアの歴史や文化も知ることができます。
女子ならメロメロになること間違いなしのキュートなミュージアムです。

テディベアたちが電車に乗ったり、遊園地で遊んでいたり。可愛いジオラマ展示もあります。

ミュージアムの展示室はもちろん、中庭やカフェなどいたるところにテディベアたちが可愛く配置され、おもてなししてくれます。「可愛い」連発間違いなしです。

貴重なテディベアに出会えます

可愛いだけではなくコレクションの質の高さには目を見張るものがあります。
中でもロンドンのオークションで1,800万円の値が付いた100歳越えの「テディガール」は必見です。
テディベアの歴史についても深く知ることができますし、実物と出会えることでその愛しさは生涯印象に残ることでしょう。

オリジナル商品が並ぶショップ

ミュージアムショップにはオリジナル商品がたくさん。

たくさんのテディベアの中からお気に入りの子を探して連れて帰るのもいいですし、お土産にぴったりのロゴ入り手づくりお菓子や食器まで、可愛らしい店内は時間を忘れてしまいます。

限定制作のレプリカベアや、アーティストベアもいて、あなたとの出会いを待っています。

ガーデンに面した可愛いティールームには手作りのケーキや紅茶が用意されていて、スコーンやシフォンケーキなどお洒落で可愛らしいティータイムのひとときを過ごせます。

キャリーバッグを使うか抱っこをすればペットも連れていけますよ。

料金は大人1,080円、中高生860円、小学生640円。小学生未満、70歳以上は無料です。
開館時間は9時30分~17時まで(入館は16時30分まで)です。

休館日は2月、3月、12月の第2火曜日と、6月の第2火曜日、水曜日。
たとえ休館日でも、年末年始、GW、祝日は開館しています。

公式サイト

レトロな温かみのある雰囲気の博物館~城ケ崎文化資料館~


公式サイト
江戸時代~昭和40年代の玩具、漫画、映画ポスター、民具、教科書などを展示する博物館です。
レトロで古き良き時代を感じる展示品がたくさんあります。

外観もノスタルジックな雰囲気にあふれ、タイムスリップしたような建物です。

こじんまりとした好印象の博物館

城ケ崎文化資料館が高い満足度を得られている大きな要因は、こじんまりとして良心的な料金設定で、商売が目的ではない博物館の気概が感じられる点のようです。

小さな博物館でも気遣いが行き届いているので充分に楽しんで満足される方が多く、あまり大きな博物館では疲れてしまうという方におすすめです。

ご年配の方はもちろん、ご一緒にお子様も

郷土資料館でもあるので、昔懐かしい昭和の生活の様子や様々な道具なども展示されています。漁師の祝い着である「万祝」を着て写真を撮ることもできますよ。

古本を読めるコーナーもあり、子供はもちろんご年配の方も童心に戻って楽しめます。館内のショップでは駄菓子なども販売されています。

昔のブリキのおもちゃや漫画、昔の教科書など現代の子供たちには驚きや興味の対象がたくさん。ご年配の方には懐かしく、お子様にとっては新鮮な展示をみることができます。

世界のガラス絵展示は必見

ガラス絵とは、貿易船によりアジアに運ばれてきた、透明な板ガラスの裏側に絵を描いた、素朴で色彩豊かな観賞用の美術品です。

歴史は古く、世界各国で描かれており年代や国によって特徴が違い大変興味深い展示です。
400点以上のガラス絵が収蔵されており、日本で観賞できるのはここだけです。

甘味カフェ「アジサイ舎」ではお汁粉とコーヒーが人気メニュー。
無料の郷土図書館もあり、駅と博物館を結ぶ近道は「恋人の小路」と名付けられていて良心的な細やかなおもてなしの心を感じられる、素敵な博物館です。

料金は大人500円、小人250円。
開館時間は10時~16時30分まで(入館は16時まで)。
休館日は12月の第2水曜日。他は無休です。

公式サイト

まとめ

  1. 伊豆高原ステンドグラス美術館でロマンティックな一日を
  2. 象牙と石の彫刻美術館で貴重な東洋の芸術を堪能
  3. 伊豆テディベア・ミュージアムで可愛いテディベア達との出会いを
  4. 城ケ崎文化資料館でタイムスリップ、ノスタルジックなひとときを

他にも素敵な美術館や博物館がたくさんありましたので、本当に選ぶのに悩みました。
気になった場所をいくつか回ってみてもいいですね。

アミューズメントパークも良いですが、美術館や博物館は雨の日も楽しめますし、知識の幅が広がり、さらに深めることができます。また、貴重な展示との出会いは一生の宝物です。

おしゃれな館内や敷地内は、日常とかけ離れた特別な時間を過ごすのに最適ですので、伊豆での素敵な一日の思い出を是非美術館や博物館で!

-旅行
-, , ,

Copyright© こねたのもり , 2020 All Rights Reserved.