Book and man

雑学

マルチ商法にハマる人の末路…やってる人はこんな特徴だ!【要注意】

投稿日:

大学生、社会人は飲み会等の機会が多いですよね。

しかし、ネットを見ると

「ホームパーティーに誘われて行ったらAmwayの勧誘だった」
「バーベキューに言って仲良くなった人がニュースキンをやっていた」

このような書き込みがよく見られます。

Amway、ニュースキンは「マルチ商法」のビジネスモデル。これは商品紹介で人に買ってもらい、その報酬として紹介料を会社からもらうシステムです。

マルチ商法はものすごく評判が悪く、大半の人が嫌っています。

そこで、マルチ商法とは何か、どのような人が行っているか、マルチ商法を行ったらどうなるのかについて、まとめてみました。

「マルチ商法」とは?

前述した通り、マルチ商法とは、商品を人に紹介した結果、紹介料として商品会社から報酬をもらえるという仕組みです。

  1. 紹介した人が更に紹介した人が物を買う
  2. さらに紹介した人が物を買う
  3. 最初に紹介した人への報酬が倍々に増えていく

このように連鎖的に報酬を貰える人間関係が広がります。

まるでピラミッドのような紹介者→購入者→紹介者…のネットワークができ、紹介者が増えれば増えるほど、雪だるま式に報酬も増えていきます。

ちなみに、「Amway」「ニュースキン」と検索をかけたら「ネズミ講」というものが出てきますが、これはマルチ商法とは別です。

ネズミ講とマルチ商法の違い

「ネズミ講」は、たとえば…

  1. 「●●さんが××会に入会してもらったら、階級がふたつ上の会員に1万円と本部に1万円払う」というシステムのもとで、紹介者は勧誘にいそしむ。
  2. 勧誘に成功すれば、勧誘した人がさらに勧誘した人達から1万円貰える
  3. 下の階級の人間が勧誘に成功しつづければ、最初に勧誘した人間の報酬がどんどん増える

というように、商品を扱わないで連鎖的に上級者が金を巻き上げるシステムです。

ネズミ講は犯罪です。しかしマルチ商法は犯罪ではありません。

しかし、商品を買って欲しいがためにしつこく勧誘したり、目的をきちんと伝えないでパーティーや飲み会に誘ったりするため、非常にイメージが悪いのです。

※マルチ商法自体は犯罪ではありませんが、目的をきちんと伝えないのは「ブラインド勧誘」という違法行為です。

では、次の項で、「ん?もしかしてマルチ商法をしているのでは?」という人の特徴を挙げていきます。

こんな人には要注意!

私はこれまでにたくさんのマルチ商法の勧誘体験談を読んできました。

そして、私も22歳の時に危うくマルチ商法に勧誘されるところでした。

そこで、注意すべき人の特徴について、私の勧誘未遂体験談とネットの体験談を元に、5つ紹介します。(注意度を星最大5つで表現します。)

ある日突然、疎遠になっていた人、そこまで仲良くない人からお誘いが来る(注意度☆☆☆)

疎遠になっていた学生時代の同級生や、知り合ったばかりの人から、「今度パーティーあるんだけど、来る?」「今度大人数でバーベキューするので来ませんか?」というお誘いには警戒した方が良いでしょう。

マルチ商法をやっている人は、学生時代の同級生、知っている人、とにかく片っ端から声をかけていきます。

学生時代からの友人から「同窓会しようよ」ということでただの同窓会であれば問題ないのですが、一応「何かしらの勧誘があったら…」ということは頭の片隅には入れておいた方が良いかもしれません。

ちなみに、私は行きつけのお店で新しく入った男性の店員さんにバーベキューに誘われたのが始まりでした。

パーティー!バーベキュー!大人数でウエーイ!というような画像をSNSに投稿しまくっている(注意度☆☆☆☆)

私はそのバーベキューの際にバーベキューの主催の方と連絡先を交換しました。

ホームパーティーとか色々やっているから(私)ちゃんも良かったら遊びに来てね。と言われ、何度か行きました。まあ、これがマルチ商法への勧誘の入り口だったわけです。

その連絡先からその人のFacebookが出てきたのですが、内容はとにかくパーティー!カラオケ大会!花見!のようなリア充アピール前開の物でした。

ネットの体験談を見てもSNSで友達多い、大人数でウエーイ!みたいなアピールをしていたという声がありました。

夢や将来についてよく語る(注意度:☆☆☆☆)

マルチ商法をしている人は、大きな夢を持っています。

高層マンションの上の階で暮らしたい…
沢山の不労所得で海外を飛びまわりたい…
こうして自分の夢をかたり、「あなたは何か夢はないの?」と聞いてきます。

ここで私はこうこうこうで…と食いつくと、「誰でも簡単に稼げる方法があるよ!」と勧誘に持っていこうとします。

「すごい人がいるから会ってほしい」と言う(注意度:☆☆☆☆☆)

実際にマルチ商法をやっている人が何度も同じ話をすると、「もうその話はいいよ」となるため、マルチ商法で成功している人(ごくわずかですが)を紹介して説得力のある説明をさせようとします。

マルチ商法をやっている人って何となくやっている感じで自社製品の説明もままならないみたいですよ。

「まあとにかく使ってみて!」といった感じのようです(笑)

マルチ商法の中でAmwayをやっている人は、持ち物が特徴的(注意度:☆☆☆☆☆)

ウォーターボトル

水道水、市販の水、ウオーターサーバーは良くない物質やカルキがひどい!とわざわざ自社製品の水を大きなウオーターボトルボトルに入れて持参しています。
私が実際に行ったバーベキューの主催者も持っていました。

サプリ、サプリケース

人と会う時に取り出してテーブルに置き、「これ、何ですか?」と興味を持たせ、マルチの勧誘に繋げようとします。

エメラルドグリーンのマウスウォッシュ

マルチをやっている人は、このマウスウォッシュをズボンのベルトからマウスウォッシュをぶら下げています。

見たこともないようなエナジードリンクやスナック菓子

もし、ホームパーティーやスポーツのイベントで見たこともないようなエナジードリンクやスナック菓子を出してきたら、マルチ確定です。私も実際にもらいました。

「37」と表紙に描かれた手帳、ノート

37という数字はAmwayで一番成功している方の誕生日が3月7日ということからきています。こちらを持っていたら間違いなくAmwayをやっていると思って良いでしょう。

もし、このような人に遭遇したら警戒しましょう!

こんな人は勧誘のターゲットにされます!

マルチをやっている人は、基本的には知っている人手あたり次第声をかけていきますが、中でも、下記の3つに当てはまる人に食いつきます。

将来に不安を抱えている人

まず、自分の将来や老後に不安を抱えている人はターゲットにされやすいです。

現在、60歳以上の方は年金だけで生活ができず、還暦を迎えてからも働く人が多いです。

私が勤めていた会社も、嘱託社員がたくさんいました。

求人の応募を出すと、やはり高齢者からも応募があります。

今の若い人が還暦を迎えたらどうなるでしょう…

マルチ商法を行っている人は、このように日本が抱える問題について熱弁してきます。

そして、「でも、誰でも簡単に稼げる方法があるから将来も心配いらないよ!」とマルチ商法の勧誘に持っていくのです。

会社勤めに嫌気がさしてきたという人

こちらも大体、将来に不安を抱えている人と似たような形でターゲットにされやすいです。

会社勤め嫌だな…という人に、「時間に縛られずに簡単に稼げる方法があるよ!」「不労所得が得られるよ!」とマルチ商法の勧誘に持っていくのです。

実家暮らしの人

これは声を大にして言います。

実家暮らしの人はものすごく狙われます!!!

なぜなら、マルチ商法を行っている人は商品を売りたいからです。

マルチ商法を行っている人にとって、1人暮らしを始めるタイミングというのは商品を売る絶好のチャンスなのです。

1人暮らしするには、生活に必要なものをそろえなければならないですよね。

それで、「1人暮らししないの?」と聞いてきます。

ここで「もうすぐ実家を出ようかなと思っていて…」と言うと、「じゃあ生活に必要なものここで買いなよ!」とマルチ商法の勧誘に持っていくのです。

私の体験談


さて、ここからは私の実体験です。※少々長くなります。

私26歳(2019年4月現在)ですが、実家暮らしです。

理由は母子家庭で、なおかつ私の大学卒業間近に兄が精神を病んで働けなくなり、家計が苦しいからです。

そして、兄がたまに夜中に異常行動をするため、心配で、結局社会人になって門限がなくなっても、日付が変わる前に帰宅する生活を送っていました。

それで、バーベキューをきっかけに行くようになった月に1回行われるホームパーティーに行く時も、私は先に帰っていました。

そしたら、そのバーベキューの時の主催者に「(私)ちゃんももう社会人なんだから、1人暮らししなよ。」と言われました。

私は「無理です。家庭が複雑なので。」と言って、その主催者とは疎遠にしました。幸い、まだ勧誘を受ける前の話でした。

私は社会人になってから「1人暮らししないの?」攻撃に頻繁に遭うようになり、うんざりしていました。

「時間を気にせずに遊びたいなら実家暮らしの人と関わらなきゃいいじゃん!」と当時の私は思っていました。

しかし、数カ月後、同じパーティーに来ていて、私と同い年で地元が近いことから仲良くなった男性と偶然電車で会いました。

その時、その男性からの私への問いかけで全てがわかりました。

「(私)って、Amway勧誘された?」

????????????????

その時私は初めてAmwayを知りました。

ネットで検索したら何だかよろしくない集団のようで。

あの時、主催者と疎遠にして正解でした。

ちなみに、その男性はホームパーティーに来ていた時は実家暮らしでしたが、「もうすぐ実家を出ようと思ってます」と主催者に話をしてしまったことで味をしめられ、Amwayに勧誘され、会員登録して商品を買ってしまったようです。

でも、その男性は商品を買った数日後、「このような商品もあります」みたいな表示がたくさん出てきて「え?俺、なんかカモにされてる?」と思って退会したようです。
(あー良かった。)

その時、わかりました。

私は実家暮らし「だから」狙われたのだと。

そして、ネットでの勧誘体験談を見ると、勧誘を受けたときは実家暮らしだったという方が多かったです。

…というわけで、実家暮らしの皆さん、ご注意ください。

以上、勧誘のターゲットにされやすい人を紹介しました。

勧誘の断り方

もし勧誘にあった場合の断り方はただひとつです。

情け無用!どんなに仲の良い友人、親友だとしてもきっぱり断りましょう!

「考えておく」という曖昧な返事をせず、「興味ないから誘わないで!」とはっきり言いましょう!

穀然と強い姿勢で言いましょう。

マルチ商法を行っている人と関わると、ろくなことありません。

では、マルチ商法を始めたらどうなるのか、ろくなことないとは具体的にどういうことなのかを次の項で説明します。

もし、マルチ商法を始めると…

会社にもよりますが、最初に登録料を払ったり、在庫としてダンボール数箱分の商品を購入させられたりします。これだけで数十万かかります。

次に、友人、知人に商品を売ったり勧誘したりして、そこからどんどん広めていくように指示があります。

しかし、だれひとりとして興味を示すことはありません。

なぜなら、普通の製品と同じ性能なのに値段が高いからです!
※例えば数千円くらいの電子レンジが数万円するとか…

紹介者に売れないことを伝えると、親身に相談にのるふりをして「これなら売れるから。」と、どんどん商品を売りつけられます。

そして、最終的にお金も友人も失い、売れなかった商品在庫だけ残る…ということになります。大半の人はこうなります。

金の切れ目は縁の切れ目、とはこういうことですね。

まとめ

「楽してお金を稼ぐことができる」だなんてそんな都合のいい話はありません。

お金は働いて得るものだと私は考えます。

拙い文章ではありますが、どうかこちらを参考に、皆さんも気を付けてください。

-雑学
-, ,

Copyright© こねたのもり , 2019 All Rights Reserved.