言葉の意味 雑学

ソーマッチの意味って?ベリーとの違いはあるの?

投稿日:

「ソーマッチ」という言葉は英語ではありますが、日本でも耳馴染みのある言葉です。

今回は「ソーマッチ」について意味を解説していく記事になります。

「ソーマッチ」の訳し方……大きな程度を表す言葉

バラの花束
「so much」とは、「Thank you」や「I love」などの後に付いて、

「それぐらいまでは、まったくの、それだけいっそう」などの意味で使われる単語です。

主に大きな程度を表すときに使うので、前に付く言葉によって訳はいろいろ変わってきます。

「Thank you so much.」だと「本当にありがとう」、「I love you so much.」だと「わたしはあなたをとても愛している」という意味になりますね。

「センキューソーマッチ」とカタカナ読みで日本語として表記されることもあります。

ただ、程度を表すものなので、「ソーマッチ」単体で使われることはほとんどありません。

「ベリーマッチ」との違い……感情が籠った言葉

抱き合う男女
先ほど例を挙げた「Thank you」や「I love you」などに付いて同じような意味になる言葉に「very much(ベリーマッチ)」という言葉があります。

これも同じように「本当に」や「とても」などの程度を表す意味で使います。

学校で習う時は「ベリーマッチ」の方がよく聞く表現だと思います。

この2つは意味的には同じですが、英語としては微妙にニュアンスが変わって来るものになります。

「very」の方はその程度を表すものに対して事実として強調するものになります。
「I love you very much」を例にすると、「わたしはあなたを愛している」という事実を強調することになります。

一方「so」の方はその程度を表すものに対して事実や想像の範囲を超えて強調するものになります。
「I love you so much.」は「わたしはあなたを(あなたが想像できないほど)愛している」という意味になり、「very much」よりも思いの籠った意味になるわけです。

外国の人はどちらかといえば「so」で表現する方を好む傾向があるので、もし、外国の人に想いの程度を伝える時は、基本的には「so」を使った方が良い印象になります。

日本語で言う場合については、この含まれた意味まで考えられることはそうそうないので、「ソーマッチ」でも「ベリーマッチ」でも好きなものを使っていけばいいと思います。

「ソー」の他の意味……否定で変わる言葉

タブレットを見る二人の若い女性

「so」は「much」以外にも副詞の「とても、非常に」という意味として形容詞や動詞を修飾する単語です。

先に書いたように外国人は「so」の方を表現として好むので、幸せを表したい時は「so happy」、面白い事を表したい時は「so funny」といった風に使うと良いでしょう。

ただし、「so」は否定的な意味で使う時には「とても」ではなく「そんなに」という意味になります。

例えば「Please don't make so much noise.」という分になると、「don't 」があるので否定の意味が入りますね。
そうなると、この文の意味は「どうか”そんなに”騒がないでくさだい」になるのです。

ちなみに「very much」が否定文に使われた場合は「あまり」という意味になり、また「so much」とは微妙に違うニュアンスになります。

また、「so」は副詞として「そのように、そう」という意味もあります。

使い方は「I hope so」で「そう願います」、「I think so too」で「私もそう思います」という風になります。

偶然にもカタカナ読みにおける「ソー」と日本語の意味として「そう」が音として被っています。

シャレのようですが、英単語の意味として覚える時はとても覚えやすいものです。

まとめ

今回は「ソーマッチ」の意味を「ベリーマッチ」と比較しつつ見ていきました。

日本語訳的には同じに見えても英語圏での意味は違ってくるのは、日本における同じ読みの漢字と似ているところですね。

実際に外国の人と話す機会があるかは人それぞれですが、今回まとめた意味と違いをぜひ覚えておいてください。

-言葉の意味, 雑学
-,

Copyright© こねたのもり , 2019 All Rights Reserved.