数学

勉強法

2019/7/19

「すだれ算」とは何か/知ると【超】便利の計算法!

「すだれ算」ってご存知ですか? すだれのように計算を下に伸ばしながら、簡単に素因数分解したり、最大公約数と最小公倍数を求めたりすることができる計算法です。 小学生でもできる作業のようなものなのですが、意外とこれが知られていないんですよね。 私も高校で初めて知りました。 そんな存在感が薄めのすだれ算…会得すれば問題を解くスピードがぐんと上がる優れものです。 今回は、小学生にも分かりやすいように初歩的なことから説明します。 ある程度数学用語が分かる中高生は、用語の説明は飛ばしても構いません。 素数と素因数分解 ...

雑学

2019/6/20

鋭角とはどんな角度か?―三角形で見る鋭角と鈍角―

中学2年生で習うことになる鋭角ですが、鈍角との違いがわからないという声が出ることがあります。 実際に習ってみれば難しくはないのですが、文字で見るとそう思えないこともあるかもしれません。 今回はそんな鋭角について、鈍角そして、直角と比較して見ていきたいと思います。 鋭角と鈍角と直角―内角で求める三角形― 鋭角は「するどい」角と書いて「えいかく」、鈍角は「にぶい」角と書いて「どんかく」と読みます。 鋭角とは直角(90℃)より小さい角のことを言います。 反対に直角より大きい角度のものは鈍角と言います。 鋭角<直 ...

ひし形のパターン模様

雑学

2019/5/21

ひし形の性質から見る他の図形との関係性【ひっかけ問題あるある】

お子さんがいる人で、子どもたちに図形について聞かれることはありませんか? 黒ネコ太郎 この図形はどうしてそうなるの? 耳長ネコ次郎 他と何が違うの? こんな疑問に、「教科書を見ればわかるでしょ」と答えるのは簡単です。 ですが、そういう子どもの疑問に、できれば自分でちゃんと教えられた方がいいですよね。 特に図形はきちんと理解しておかないと、算数だけじゃなく、その後の数学でも使うので、その時に余計に難しく感じてしまうことになるので大変です。 そこできちんと答えられるために、今回は図形の性質について、「ひし形」 ...

ひし形の模様

雑学

2019/3/14

ひし形の書き方はムズカシイ⁉道具をそろえれば簡単です!

図形を書く時にはそれぞれの性質に沿った書き方をしなければ、綺麗な図形は出来上がりません。 特に面倒なのは「ひし形」です。 適当に線を引いても形が崩れてしまって、綺麗なひし形にはならないと思います。 今回はそんなひし形の書き方を紹介する記事になります。 手持ちにあるものだけで書こうとすると限られてしまうかもしれませんが、綺麗な書き方が知りたい方はぜひ一緒に確認してみましょう。 ひし形を手書きする場合…教科書でやったおさらい 日常生活でひし形を書くことを求められるのは、主に算数の問題であると思います。 子ども ...

ひし形の模様

雑学

2019/3/14

ひし形の面積は【なぜ】あの公式で計算できる?素朴な疑問

算数の問題で度々起こる疑問。 どうしてこの公式で面積が求められるのだろう? どんな公式も覚える時にこの疑問に当たると、何だかモヤモヤすることはありませんか? 今回はそんな公式の謎のうちの「ひし形の面積の公式」について、取り上げていこうと思います。 これを見れば、改めて子どもや他の人に聞かれた時、その仕組みを答えられるようになりますよ。 ひし形という図形の定義 それでは最初にひし形がどのような図形であるのかということを確認しておきます。 ひし形は、4つの辺の長さが全て等しい四角形のことを指します。 よく見る ...

© 2021 こねたのもり