雑学 食べ物

すきやきの味を変える【ちょっとした】方法!タレか全体か!?

投稿日:

人が集まった時やちょっと贅沢をしたい時に食べるすきやきですが、家で作ると結構余ってしまったり、食べている途中で味に飽きてきてしまうことがあります。

この記事ではそんなすきやきの味を変えて、最後まで美味しく食べる方法を紹介していきます。

すきやきと卵の関係と別の付けダレ

すきやきと卵
すきやきを食べる時には卵を付けて食べるのが定番になっています。

すきやきのタレの味を卵がまろやかにしてより美味しく食べられるものです。

でも、どうしてすきやきに卵を使うのが当たり前になっているのか疑問に思ったことはありませんか?

実は卵を付けて食べることには歴史としての理由があると考えられています。

なぜ卵を使うようになったのか?

すきやきが誕生したのは江戸時代なのですが、その当時は親子丼などのように最後に卵でとじて食べるものでした。

しかし、江戸の人は卵にとじて食べる時間が勿体ないと思って、そのまま卵を付けて食べるようになっていきました。

鍋の具材は卵に付けることで少し冷ますこともできるので、早く食べるのにも最適。

そして、この食べ方がいつの間にか一部の人の間で通な食べ方であるとされ、それが一般的にも広がって現代にも引き継がれているというものが一説としてあります。

これ以外にも

  • 卵が高級品であったことからすきやきをそういうイメージにするために使った説
  • 牛肉の臭みを消す効果があることからそのために卵に付けるようになった説

があります。

つまりは、すきやきにおいて卵を付けることは、これが絶対に正解というわけではないものなのです。

現代では急いで食べる必要もありませんし、卵も程よい価格で購入できるようになっています。

牛肉についても臭みが少ないものがあるので、選んで食べられるようになっているのです。

卵の代わりにオススメの付けダレ

前置きが長くなってしまいましたが、すきやきの味を変えるには卵以外の付けダレを使うことがオススメできます。

かつて卵が通であったと言われるように、現代では卵以外に付けて食べることが通であると言えるもので、いつもと違う味を楽しむことができます。

大根おろし


【参考】キッコーマン大根おろし

日本料理のお供の大根おろしと一緒に具材を食べればさっぱりとした味わいにすることができます。

卵以上にすきやきのタレをマイルドにできるので、ちょっとすきやきのタレの濃さが厳しくなってきた方なら最初から大根おろしをつけて食べることがオススメできます。

味にもう1つ欲しい場合は唐辛子をかけるのも良いでしょう。

とろろ

A waiteress
created by Rinker

【参考】長芋とろろ

こちらも日本料理のタレと組み合わせると美味しい物です。

卵とは違ったネバネバ感がいつもと違った食感を出してくれます。とろろをよりさっぱりさせたいならお酢を少し入れたものがオススメです。

梅ソース

A waitress
created by Rinker

【参考】梅ソース既製品

梅ソースはお肉とよく合うソースです。

作り方は梅干しに「しょうゆ、お酒、みりん」を混ぜて作りますが、これらはすきやきのタレにも含まれています。

なので、鍋から汁を少し取ってそこに梅干しを潰して混ぜると、梅ソースが出来上がります。

すきやき自体の味を変えるのにオススメのもの

調味料
すきやきのタレは基本的に「しょうゆ、砂糖、お酒、みりん、だし汁」を混ぜて作られたもので、定番の調味料を合わせたものになっています。

なので、味を変える時はよっぽど冒険しない限りは変な味になることはありません。

逆に言うと、定番の調味料ばかりなので、これらを加えても大きく味が変化しないことになります。

お酢やレモンでさっぱりと

A restaurant
created by Rinker

【参考】有機レモン果汁

先ほどとろろに混ぜたように、すきやきに直接混ぜても少しさっぱりした味付けにすることができます。

ただし、あまり入れ過ぎるとただすっぱいだけのものになってしまうので、少しずつ入れて味を調整していきましょう。

キムチを入れて別鍋に

An egg
created by Rinker

【参考】キムチ既製品

鍋としてのダシは揃っているので、キムチを入れてキムチ鍋風のすきやきにすると味を少し変えることができます。

唐辛子も味を変化させるものになりますが、鍋全体となると、しょうゆの辛さがあるので、大根おろしと混ぜた時よりは辛さが薄くなってしまいます。

思い切って辛めの味にするんらキムチがオススメです!

トマトとチーズで洋風に

キムチと同じ理屈ですが、普通のお鍋でも味を変えるために入れられるトマトやチーズもオススメです。

最近はみそ汁にも合うと言われるトマトはすきやきに入れても酸味を加えてくれますし、何にでも合うチーズは言うまでもなく美味しいものになります。

ただ、こってり感は強くなってしまうので、そこは注意です。

ーーーーーー

上3つのようにベースのダシが基本的なものばかりなので、結構何でもありにできます。

ここで書いたものは外れなく美味しく味を変えられるものですが、他にもいろいろ組み合わせて作っても美味しくなります。

まとめ

今回はすきやきの味の変え方について見ていきました。

せっかく作った鍋は最後まで飽きずに美味しく食べたいと思うので、これらの方法を試してみてください。

-雑学, 食べ物
-,

Copyright© こねたのもり , 2019 All Rights Reserved.