首輪をした白と黒の猫

ペット

猫の首輪はストレスの原因?メリットとデメリットを見直そう!

投稿日:2019年5月14日 更新日:

あなたは猫ちゃんに首輪をつけていますか?

猫ちゃんに首輪をつけることにはメリットもあればデメリットもあります。

今回はあなたの猫ちゃんに首輪をつけるか迷っているときに参考になる記事です。

  • どういった状況で猫ちゃんはストレスを感じるのか?
  • 首輪をつけておくべき理由とは?
  • 猫に首輪をつけるときに気をつけなければいけない点

などについてご紹介していきますよ。

猫ちゃんに首輪をつけるのはストレスになるのか?

首輪をした黒猫の子
大体の猫ちゃんは首輪をつけられるのを嫌います。

何が原因かというと…。

首輪に慣れていない

慣れていない猫ちゃんにとって、首輪をつける事に慣れていないので「嫌がる」というストレスを感じる事が1番多いでしょう。

人間と違って、猫はアクセサリーみたいに常に身にまとう様なものは苦手です。

首輪も一度つけると常に身につけておかなければいけないので、違和感が気になってしょうがなくなりストレスを感じます。

鈴の音を嫌がっている

猫は耳がとてもよく、あなたには聞こえない小さな音も聞き取る事が出来るんです。

一説によると、猫ちゃんは冷蔵庫の「ブーン」という稼働音も大きな音として聞こえているらしいです。

人間にはよく聞こえない音も、猫ちゃんは聞き取っているのですから、

人間によく聞こえる鈴の音を、猫ちゃんがどれほど大きく聞き取っているかはカンタンに想像できますよね。

それが四六時中耳元で鳴り響いているのですから、ストレスも感じます。

首輪の素材や大きさがあっていない

首輪の素材があっていないと、首回りの毛がはげてきます。

大きさがあっていないと、行動するときの邪魔になり行動が制限されるというストレスにつながることでしょう。

猫にとって首輪をつけられるというのは、多くの場合ストレスを感じるものなのです。

首輪をつけておいたほうが良い場合もある

ねこの首輪
主に飼い主さん目線で、首輪をつけておくのがメリットになることもあります。

飼い猫だとわかる

完全に室内飼育の場合であっても、脱走というリスクはぬぐいきれません。

そんなときに首輪があれば誰からみても飼い猫だという事が一発でわかります。

首輪がないばっかりに、野良猫と間違えられて避妊手術をされてしまったり、保健所に連れて行かれたりしたら、嫌ですよね。

「責任を持って飼っています」というサインにもなるので効果ありです。

鈴をつけておけば猫の居場所が簡単にわかる

猫どこにいってしまったんだろう?

というときに、鈴の「チリンチリン」という音がすれば目で見えなくても猫ちゃんの存在が知れるので安心できますね。

うちの子は中も外も自由に行き来できる様にしているので、鈴があると遠くからでも猫の居場所がわかるので、すごく助かってます。

猫ちゃんにとってのメリットはないですが、飼い猫としての責任を示すのに首輪は最適と言えるでしょう。

猫ちゃんに首輪をつけるときの選び方

猫ちゃんに首輪をつけることにはメリットもデメリットもあります。

その上で首輪をつけることに決定したなら、猫ちゃんにとってなるべくストレスのないものを選んであげたいですね。

サイズ選びのコツ

まずは首輪のサイズを決めましょう。

適正サイズは、猫ちゃんに首輪をつけたとき指1〜2本入る長さです。

緩すぎると行動の邪魔になったり、引っかかる事故が起きやすくなるのでNG。

商品選びのコツ

首輪にはさまざまなデザインの商品がありますが、鈴などがついていないシンプルな布製のものがベストです。

革製だと独特ににおいや重さを嫌がる事があり、鈴やリボンなどがついていると邪魔になるかもしれません。

慣れてきたらチャレンジしてもいいかもしれませんが、やっぱりシンプルなものが猫にとってもあなたにとってもバランスがいいと思います。

首輪をつけるかどうかはバランスと優先順位が大事

結局つけるかどうかを決めるポイントは、猫ちゃんの性格とあなたの飼い主としての責任のバランスでしょう。

猫ちゃんが嫌がらないのであれば首輪をつけることにも抵抗はないでしょうが、

猫ちゃんが首輪をつけることを嫌がるかもしれないので、猫ちゃんのストレスのことを考えて首輪をつけるか迷いが生じます。

でもどちらの場合でも、イエネコとして飼っている以上飼い主さんとしての責任はついてきます。

ですから私は、なるべく首輪をつけたほうがいいと思います。

優先順位としては猫ちゃんの安全が最優先で、次に飼い主としての責任です。

どちらか一方に極端にならずにバランスよく折り合いがつけばいいかなーって思ってます。

これを実現させるには、毎日少しずつ首輪に慣らしていく努力が猫ちゃんにもあなたにも必要かもしれませんね。

猫に首輪をつけた時のストレスについてのまとめ

  1. 猫ちゃんにとって首輪はストレスの元です。
  2. しかし、飼い主さんにとって首輪をつけるのがメリットになることもあります
  3. 首輪は布製のシンプルなデザインのものを選び、指が1〜2本入る長さに調整しましょう。
  4. 猫ちゃんの性格と飼い主としての責任。どちらも平衡の取れた選択をする事ができます。

メリットとデメリットに注意しながら使用するとイイですね!

-ペット
-, ,

Copyright© こねたのもり , 2019 All Rights Reserved.