ペット

サビ猫、実は珍しい!?ケタ外れの低確率で生まれるラッキーキャット

投稿日:2019年6月9日 更新日:

猫ちゃんにはいろんな柄がありますよね。

首輪をした黒猫の子
黒ネコ太郎
ボクみたいに柄なし真っ黒もいるよ!

目を開かせる猫
耳長ネコ次郎
ワタクシはいい感じのトラ柄。

たくさんの柄がある猫ちゃんたちですが、今回の記事では「サビ猫」についてまとめました。

黒と茶が絶妙に入り混じった、不思議な柄。

調べてみると、実は日本と英語圏で呼び名が違ったり、幸運の猫と呼ばれたりするのです。

一緒にくわしく見ていきましょうね。

サビ猫と呼ばれ方の違い

サビ(柄)猫とは、黒と茶色(赤、オレンジも含む)がまだらに混ざっている猫のことです。

ここでいうサビはその色とまだらな模様が金属の「錆」に見えることから来ているものです。

他の呼び方は「雑巾柄」と言われたりするように、日本でのサビ猫の柄はあまりきれいではないものとして見られています。

しかし、これが英語になると「トーティシェル(べっ甲)」と呼ばれています。

べっ甲はウミガメなどの亀の甲羅から加工して作るもので、希少価値のとても高いものです。

つまり、英語圏でのサビ猫の評価は日本と真逆のとても珍しい猫として認識されています。

日本でもこの言い方にならって「べっ甲猫」と呼ぶこともあります。

サビ猫という呼び方は現在では決して蔑称ではありませんが、英語と比べるとややネガティブなイメージを持ってしまいがちです。

ただ、黒と茶色のまだらは同じ模様になることがほぼ不可能。

なので「唯一無二な柄を持った猫」という点に魅力を感じる人がいたり、幸運を運ぶ猫ということから飼っている人がいたりします。

珍しさと幸運の猫の理由

サビ猫は基本的に雑種の猫のことを呼びます。

まれにペルシャやブリティッシュショートヘアなどの純潔種からサビ柄が生まれることがありますが、それよりは別種の2匹から生まれる方が多いです。

そんなサビ猫が生まれてくる時、ほとんどの場合はメスのです。

なぜならば遺伝の段階で黒と茶色の染色体を持てるのはメスだけだから。

オスのサビ猫が生まれるためには、染色体異常によって引き起こされる場合のみになります。

その確率は3万分の1とも言われています。

このことからオスのサビ猫は非常に珍しい存在とされています。

そして、これが幸運を運ぶ猫という認識を作ることになります。

三毛猫とサビ猫

猫で幸運と言えば、三毛猫もそれに当たりますが、その理由は三毛猫のオスが非常に珍しいことから出会えただけでも幸運であり、それがオスではなく三毛猫全てに対しての認識に変わったことから来ているものです。

サビ猫の場合もこれとまったく同じことで、オスの希少価値がサビ猫全てに広がって幸運の猫になっていきました。

黒猫はもともと幸運の猫だった!?

この認識は海外で広まっていたことで、日本でもいつの間にかその認識が入ってきていました。

日本にも迷信としてある「黒猫が遮ると不幸になる」も海外で起こり始めた認識であり、日本が海外の動物に対する噂をよく吸収していることがわかります。

ただ、日本における黒猫は夜目が利くという理由で「福猫」として魔除けや幸運の象徴とされていました。

このことから最初に日本で持つ認識と海外で持つ認識は異なったものが多いです。

サビ猫と飼う時の注意点

サビ猫に何かしらの魅力を感じて飼ってみようと思っている人は、気になるのはどのように飼えばいいかというところです。

猫の性格は柄によって絶対的に決まるものではなく、参考程度ですがサビ猫の性格は…

  • 頭脳明晰
  • 気が強い
  • 警戒心がある

このような猫だと言われています。

後者の「気が強い・警戒心がある」サビ猫は一緒にいるうちに慣れていくはず。

ただしそれまでの間は、適度な距離間で接していくのが良いかもしれません。

また、頭が良いということはしつけをよく聞くというだけではなく、好奇心があって何かを触ったり、いたずらしたりという面もあるので、室内で飼う時の物には気を付けないといけません。

サビ猫の身体は丈夫?

病気の面については基本的には雑種であることから体が丈夫であり、寿命も長くなる傾向にあります。

もちろん、普段の食生活によっては体調を崩したり、病気にかかることはありますが、それでも飼っていて苦労ない猫です。

ほとんどがメスであることからメスだけがかかる乳腺腫瘍など病気については注意しないといけません。

これらのことから猫を飼うのが初めての人でも十分に飼いやすい猫だと言えます。

まとめ

今回の記事についてまとめると、

  1. サビ猫とは黒と茶色の模様が金属の錆に見えたことから付いた名前である
  2. 英語でトーティシェルと呼ばれ、日本もそれに倣ってべっ甲猫と呼ぶこともある
  3. オスのサビ猫が珍しいことからサビ猫全体が幸運の猫と認識されている

の3つです。

日本でサビ猫と呼ばれていても可愛がっている人はたくさんいて、実際に見ると唯一無二模様が愛らしく見えるものです。

サビ猫と触れ合う機会がある時は幸運にあやかりつつも可愛がってあげましょう。

-ペット
-,

Copyright© こねたのもり , 2019 All Rights Reserved.