雑学

招き猫の手には意味が⁉︎色や高さに驚きの事実!

投稿日:2018年10月26日 更新日:

皆さん一度は招き猫、見たことありますよね。

created by Rinker
クラフトマンハウス(Craftmanhouse)

お気づきでしたか?

  • 招き猫の招いている手が左右あること
  • 左右によって意味が違うということ
  • しかも、両手をあげている招き猫もいるんですよ!
    なかなか見ないですけどかわいいですよ。


    置物のほかに、ストラップやキーホルダーになっていたりしますよね。
    お土産やさんに売っていたりして、つい買ってしまう方もいるのではないでしょうか。

    見た目でつい買ってしまうのもいいですが、意味を理解して買ってみるのもいいですよ。

    招き猫の色の意味は?

    お店に並んでいるさまざまな色の招き猫
    招き猫にはいろんな色があり、よく見られるのは、白の招き猫ですよね。
    そのほかに、黒や赤も良く見られています。
    色にはちゃんと意味があるんですよ。

    白い招き猫の意味

    白の場合は、白と純白があり、白自体は〔来福・招福〕という意味ですが、純白となると〔清潔・純粋〕をあらわしています。

    黒い招き猫の意味

    黒の場合〔魔よけ〕の意味を持っています。黒猫が魔よけや幸運と象徴だったためです。

    赤い招き猫の意味

    赤の場合〔無病息災〕の病除けとされています。
    日本古来、赤色が麻疹や疱瘡の神が嫌う色と信じられていたからです。

    ほかの色の招き猫の意味

    ほかの色も意味があります。

    たとえば、

    などです。
    風水とほぼ同じですね。

    ただ、緑と青に関しては、メーカーによって意味が逆になっている可能性もあるので、購入の際は気をつけてくださいね。

    招き猫の目の色にも注目!

    体の色のほかに、目の色に注目してみましょう。

    招き猫の中には、左右の目の色が違う〔オッドアイ〕が存在し、金目銀目で縁起がいいとされています。

    実際の猫のように、他の目の色の招き猫もいるので探してみてはいかかでしょうか。

    招き猫の左右の手の意味は?

    一対の金色の招き猫

    招き猫が右手をあげているときの意味

    〔金運〕を招くとされています。
    財を呼び寄せてくれるので家庭円満にも繋がるとされています。

    招き猫が左手をあげているときの意味

    〔人〕を招くとされています。

    人を呼び込んでくれるので商売繁盛に良いとされていて、招き猫を飾っているお店があったら見てみてください。きっと外を見て、左手をあげていると思いますよ。

    店主に向いてではなく、外(お客様)に向かっておいでと招いているはずです。

    招き猫が両手をあげているときの意味

    両手をあげている招き猫でもいいのでは?と思う方もいますよね。


    意味は賛否両論で、喜んで万歳しているようにみえるので、縁起がいいと思う方もいれば、お手上げ状態と連想されることもあり、縁起が悪いと思う方もいます。

    招き猫あげる手の高さにも意味がある

    左右の手だけではなく、あげている高さにも意味があるとされており、

  • 低くあげている招き猫は、近くの人やお金を招き、
  • 高く上げている招き猫は、遠くの人やお金を招く
  • とされています。

    まとめ

    白・黒・金の招き猫

    1. いろんな色の招き猫がいる
    2. 風水と同じように、色によって意味を持つ招き猫がいます。
      よく見かける白の招き猫もいいですが、色の意味を理解した上で飾ってみるといいですね。好きな色を飾るのでもいいですし、いろいろ集めてみるのもいいと思いますよ。顔や形もさまざまです。

    3. 招く手の高さや左右に意味がある
    4. 猫が招いている姿はかわいいです。招き猫=お金を招くと思っている方もいるのではないでしょうか。しかし、招く手によって意味が違います。

    このように、〔招き猫〕と一言で言っても、いろんな意味が込められています。

    さらに色や手の上げ方だけではなく、招き猫が持っているものもさまざまです。

    よく目にする小判だけではなく、鯛や小槌、俵などの縁起物を持っていたりしますので注目してみましょう!

    -雑学
    -, , ,

    Copyright© こねたのもり , 2019 All Rights Reserved.