雑学

捺印と押印の違いは?普段だれも気にしない差を徹底解説!

投稿日:

首輪をした黒猫の子
黒ネコ太郎
こんにちはヤ●トでーす!
お荷物配達に伺いました!
ここにハンコをお願いしまーす

海外にはあまりない「ハンコ」文化をもつ日本。

ハンコを押す場合や印鑑を押す場合に「ここに捺印をお願いします」と書いてあったり、「ここに押印をお願いします」と書いてある場合がありますよね。

これってどんな風に違うの?と思っている人も多いと思います。

目を開かせる猫
耳長ネコ次郎
押印と捺印はどんな風に違いがあるの?
ねむりねこ
ねむりねこ
この書類は押印って書いてあるけどもう片方には捺印って書いてある・・・。
そもそもこれは何て呼ぶの?おすいん?すりいん?
しろひげくん
ねむりねこ
ねむりねこ
両方とも印鑑を押したら大丈夫なんじゃないの?

いくつも疑問が沸いてくるのですが、印鑑の場合も判子の場合も押印と捺印それぞれ違いがあるのを知っていますか?

今回は押印と捺印の違いはどんなところにあるのか意味や使い方に紹介していきます。

簡単ではありますが印鑑と判子の違いや押印と捺印の敬語表現についても触れてみました!

捺印と押印の違いとは?


押印と捺印それぞれ正式な読み方は「おういん」と「なついん」です。

漢字だけ見ると「おすいん」「すりいん」などと呼んでしまいそうですが、今度からはきちんとした読み方で読むようにしましょう。

多くの人の前で間違った読み方をしてしまうと、恥ずかしい思いをしてしまうかもわかりませんよ。

押印とは?

押印とは、正式には「記名押印」という言葉になります。

記名というのは、直筆でない名前、つまりゴム印の名前や印刷された名前のことをいいます。

直筆であっても、法的効力が少ない書類の場合には「記名」となり、「署名」とはなりません。

あくまでも例ですが、

銀行に関わる書類などではなく、ただの申込書の場合には法に絡む可能性は少なく、署名ではなく記名となります。

主に契約書であったり、書類で所有権が移動したりするような重要な書類の場合には「署名捺印」が基本となります。

例えば自分の名前が印刷されている横に自分の印鑑を押す場合には、重要性が少ないため名前が印刷されているので「押印」となります。

首輪をした黒猫の子
黒ネコ太郎
そうするとクレジットカードの申込書のように、自分で自分の名前を書いてから印鑑を押す場合には記名とは言わないのですか?

そうです。

自分で名前を書いて印鑑を押す場合には「記名」とは言わないので押印とは言いません。

捺印とは?

捺印というのは、正式名称は「署名捺印」という言葉になります。

何かの書類などに自分の名前を直筆した場合には「記名」ではなく「署名」となり、自分の名前の横に押す印鑑のことを捺印といいます。

クレジットカードや重要な書類に印鑑を押す場合には、前もって名前が印刷されていることはほぼないので、自分で記入する事が多いですよね。

そういった自分で名前を記入する書類に押す印鑑の場合には「捺印」となります。

言葉の違いと意味を分かっておけば押印と捺印に迷う事も少なくなりそうですね。

捺印と押印の違いはどんなところに使われる?


ビジネスシーンにおいての捺印と押印の違いの使い分けは基本的に種類の重要性で決まる場合が多くあります。

契約などの重要なものを証明する大事な書類の場合には、署名捺印が全般的に使われます。

それはそうですよね。

大事な書類には、相手の名前を直筆してもらって印鑑を押してもらわないと、効力として発揮しない場合もあるでしょうし・・・。

逆にそこまで重要でない書類の場合には「記名押印」が使われるケースが多いです。

「記名押印」の場合も「署名捺印」の場合も、特別な場合を除いて印鑑の種類は問われることはほとんどありません。

認印と実印の使い分けは?

押印と捺印どちらに場合も、認め印でも実印でもいいとされていますが、認め印と実印の違いは「偽造などの犯罪」に巻き込まれるかどうかが変わってきます。

ここで簡単にハンコと印鑑の違いを説明すると、ハンコとは会社が証明する印鑑のことで形が角型や楕円形など、特殊な形をしています。

一方の印鑑とは、多くの人が使っているような丸型の形をしているものが印鑑です。

押印と捺印は敬語表現でも違いがある?


押印と捺印では敬語表現にも違いがあるのでしょうか?

よく書類に「こちらにご捺印をお願いします」と書いてありますが、捺印の場合には基本的に「署名」という言葉がくっつきます。

一方の押印の場合には、「こちらにご住所、御氏名を記入していただき、押印の上ご返送ください」という文を名にする機会があります。

「記入」という言葉が使われているため、この場合は「署名」ではなく「記名」となり押印となります。

捺印と押印の違いは書類の重要性にあった!


捺印と押印の違いは書類が重要かどうかで変わる事がわかりました。

「記名押印」という言葉と「署名捺印」という言葉を覚えておけば一安心ですね。

記名や記入の場合には押印、署名をする場合には捺印。

記名と署名の違いについては書類が大事か大事でないかによって変わる事もついでに覚えておきましょう。

普段気にしないようなことでも調べてみると意外と面白いものですね。

-雑学
-, ,

Copyright© こねたのもり , 2019 All Rights Reserved.