未分類

「プロダクト」の意味/あなたはコレ全部わかりますか?【多すぎ】

投稿日:

プロダクトという言葉をときどき耳にする事がありませんか?

プロダクト・・・言葉は聞いたことはある。という人が多いのではないでしょうか。

よく言葉として似た言葉に「プロテクト」という言葉がありますが、プロテクトとは全く意味が違うようで、よくテレビなどの「プロデューサー」という言葉と関係がある言葉です。

目を開かせる猫
耳長ネコ次郎
ここでプロデュースが変化したのがプロデューサーだろ?

と読者の多くの人が思うと思います。

そこで今回は「プロダクト」という意味について触れていきたいと思います。

プロデューサーとプロダクトの意味の関係性についても触れていますので、ぜひ読んでみてください。

プロダクトの意味とは?ビジネス用語?


英語で「プロダクト」と言いう言葉を調べてみると

  1. 「生産する」
  2. 「製造する」

という意味で書かれています。

しかしいろいろなビジネスで「プロダクト」という言葉を使うのですが、全てが「生産する」とか「製造する」という意味になるのでしょうか?

特にビジネスシーンにおいてプロダクトという言葉が使われる機会が多くなり、業種などによって根本的な意味としては同じでも、とらえ方に変化があります。

マーケティングを行っている広告代理店などの場合には

「プロダクトする」は「どのような方法で製品や広告を販売していくかを決める方針」という意味で使われますし、金融業界では計画責任者という意味で使われたりします。

同じプロダクトでも使われるビジネスによって解釈の仕方が変わってくるんですね。

どのようなビジネスでプロダクトという言葉が使われる?


「プロダクト」という言葉はどのようなビジネスでどのような意味で使われるのかについて見ていきましょう。

プロダクトとは大きく分けて

  1. 「生産、製造」
  2. 「方針」
  3. 「担当者」

という意味で使われる言葉です。

通信業界においてのプロダクト

インターネット業界においては「生産、製造」の意味で使われる場合が多くあります。

ウィンドウズを購入したことがある人はわかると思いますが、2019年現在では昔のようにディスクやCD読み込みといった形ではなく、インターネットを通してライセンスの購入をする必要があります。

その際に「プロダクトキー」、もしくは「プロダクトコード」という数字を入力する必要がありますよね。

この時に使われる「プロダクト」とは著作権と同じような意味を持つ「プロダクト」で、1回認証されてしまうと同じプロダクトキーを使うことは基本的にできない構造になっています。

生産した会社、製造した会社の著作権を守るために設けられているシステムともいえますね。

よく映画を作成する会社などの社名に○○プロダクションという言葉がありますが、この場合も「製造、生産」という意味で使われていると認識していいでしょう。

マーケティング業界においてのプロダクト

マーケティング業界で使われるプロダクトという意味は「方針」という意味で使われます。

方針というより方針を決めるという意味の方が強いのですが、プロダクトという言葉を用いる事で物の製造から販売まで、1連の流れの工程のスケジュールを作成する場合に使われる言葉です。

いかに効率よく製品を作っていかに効率的に販売するかという全体的なスケジュールを管理する場合にプロダクトという言葉を使います。

プロデューサーとは、「管理する、製造する」といったプロダクトとして2つの意味を持ち合わせたような言葉で、全体的に管理するという意味で付けられた言葉と考えてもいいでしょう。

プロダクトという言葉がプロデュースとなり、プロデューサーとなっていったと考えられます。

金融業界においてのプロダクト


金融業界においてのプロダクトとは、金融に関する案件を指す場合があります。

また、提案された案件に関して業務を遂行する人を表す場合もあります。

求人で「プロダクトマーケティング」という求人を見かける事がありますが、「プロダクトマーケティング」とは主に業務をするにあたって中心的な存在と考える事ができる仕事といえます。

プロダクトマーケティングとは企画の立案やスケジュール作成など、営業などの仕事ではなくどちらかと言えば頭を使ってする仕事を指します。

プロダクトデザインとは?


プロダクトデザインとは、簡単に言うと「独創的なデザイン」ととってもいいと思います。

個性的でかつ立体的なデザインを指し、大学によってはプロダクトデザイン科というものがあるほどです。

平面で書いたデザインなどと違った、タテ、ヨコ、高さを表した立体的で巨勢的なデザインのことをプロダクトデザインと呼んだりします。

プロダクトにはいろいろな意味がある


ここまでプロダクトの説明をしてきましたが、ほんの1部分にすぎません。

プロダクトという言葉は使う場合によって意味が縦横無尽に変化する言葉といってもいいでしょう。

社会においていろいろな意味で使われる言葉ですので、自分で探してみても面白いかも知れませんね。

-未分類
-,

Copyright© こねたのもり , 2019 All Rights Reserved.